So-net無料ブログ作成
検索選択
ギャンブル依存症と借金問題 ブログトップ

ギャンブル依存症 借金問題 自己破産できる? [ギャンブル依存症と借金問題]

ギャンブルっていうものは本来は、おこずかいの範囲内、
余ったお金で楽しむべきものではありますが、
ギャンブルの魔力はすさまじく、一度はまると自分の生活を脅かすほどの
お金を使ってしまい、多大な借金まで作ってしまいます。

そしてギャンブル依存症のほとんどの人が抱えるのが
借金問題です。




多大な借金を抱えると人は精神を蝕み、犯罪や自殺、心中など思いもよらない
行動を起こすことあります。

ギャンブル依存症はこの借金問題が必ず、つきまといます。
どうにか、クリアしないと健全な生活には戻れません。

多大の借金ができたら選択肢は2つ

①返済する ②返済できない極論を言えば結局のところこれしかないですよね。

もちろん返済するのが一番なので、可能な限り返済するを
選択すべきであると考えますが、
しかしながら、状況によっては返済が不可能な場合もあると思います。


ではそんな人がとる手段はなにがある?

債務整理自己破産※どちらも銀行等の個人信用情報は事故扱いとなりブラックリスト入りとなります。

以上の2つです。
これらは弁護士や司法書士など法律の専門家に相談する必要があります。

①債務整理は法律の専門家に相談して、借入先の利子をストップしてもらい 3年~5年をめどに全額返済するというものです。
②自己破産は弁護士や司法書士に相談して 裁判所で支払いが不可能であると認められ、 免責が許可されると、税金等を除くすべての債務を支払う必要がなくなる制度です。

どちらを選択しても当然リスクはありますが
選択しないといけない状況では仕方ありません。
それ以上の不幸があなたや家族に押し迫ってくる可能性があるからです。

しかし、ギャンブルでの借金は自己破産ができない
よくネットでは書き込みされています。。。



実際にそうなのでしょうか?


破産
(免責許可の決定の要件等)
第二百五十二条  裁判所は、破産者について、次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には、免責許可の決定をする。

四  浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。


確かに、破産法には
「賭博での借金はNGですよ~。免責しませ~ん。」と定められているようです。


自己破産の中には裁量免責と言う
言葉があります。

裁量免責とは、免責不許可事由が存在するときでも、裁判所は必ず免責不許可決定をしなければならないわけではなく、破産手続開始決定に至った経緯その他一切の事情を考慮して、免責を許可することが相当であるときは、裁量で免責を許可することもできるものです。

基本的にギャンブルや浪費が原因で出来た借金は自己破産はできないのですが
裁判所は結局はその人のそこに至るまでの
「経緯・状況・程度・環境・債権者の声など、いろいろ考えて免責の決断しますよ~」ってことらしいです。

実際は余程、あくどい借金(詐欺まがいな借入)をしていなければ
おおよそ免責の許可が下りているうようです。

もちろん100%免責されるわけではないので
信頼できる弁護士・司法書士に相談は必要不可欠と言えま
費用は個人の自己破産の場合は30万円
くらい相場のようです。

私の経験上、ギャンブル依存症の苦しみの8割は借金の苦しみだったように思います。
借金があると健常な生活には戻れません。 必ずこの壁は打破しましょう!!!!





nice!(1) 

ギャンブル依存症と借金問題 病気との関係 [ギャンブル依存症と借金問題]

ギャンブル依存症とは切っても切れない関係。。

それは

借金問題です。




ギャンブル依存症の方のほとんどの人が借金問題を抱えています。

当初は自分のも生活の範囲内でのギャンブルがいつしか
クレジット会社や消費者金融などでキャッシングし、
借りたお金をギャンブルにつぎ込むようになります。

パチンコやスロットは違法ではありません。
※まれに遠隔操作などで検挙されるお店もあるそうですが。。。
ギャンブルを楽しむことにおいては個人の自由なので問題はありませんが、
借金してまでギャンブルするのは大問題です。

もしあなたが、お金を借りてまでギャンブルをしたことがあるなら
ギャンブル依存症かもしれません。

ギャンブル依存症とは、生活に支障が生じているにも関わらずやめられない病気です。
自らの良心ではダメだとわかっているにも関わらずやめられません。

自分が病気だという自覚は本人にはない場合が多く、
周りが諭そうとしても聞く耳を持たない人がほとんどでなかなか認めません。

しかしながら、ギャンブル依存症はれっきとした病気で、
治療をしないと多くの不幸を呼び寄せます。


現在、日本ではギャンブル依存症患者は500万人を超えていると言われています。

消費者金融が有名俳優を使って毎晩CMを流せるのも、
マ●ハンの売り上げが20兆円ほどあるというのも納得できますよね。

ギャンブル依存症は他人に借金を肩代わりしてもらうと 悪化すると言われていますので ご家族の方はくれぐれもご注意を





ギャンブル依存症と借金問題 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。