So-net無料ブログ作成
検索選択
依存症 症例 ブログトップ

ギャンブル依存症 症状と症例4 70歳女性 [依存症 症例]

症状・症例.4 【70歳女性 H.Mさん】

地元の女学校を卒業後、専門学校を出て20歳代で上京して、
服飾関係の仕事に従事し、技能士の資格を取得した。
30歳代で、農業技術員の夫と結婚した。




40歳頃に夫の郷里に戻り自宅で婦人服のオーダーメイドの仕事をしていた。
仕事が丁寧なことや納期を守るなどで信用があり、一時期非常に繁盛していた。

夫は6年前に死亡、その後長男夫婦と同居生活をしている。

最近では、洋裁の仕事は最盛期に比べてかなり落ち
込み、月に2万円以下の収入のことが多かった。

本人の収入は、遺族年金(年額約110万円)と厚生年金(年額24万円)および洋裁の
仕事で得た金額である。

消極的・自己主張がうまくできない性格であるものの、一方では強い自尊心を持つ。

60歳の頃に友人から誘われたことがきっかけでパチンコ店に
友人と一緒に通い始めた。

64歳のときに、夫が死亡したが、
その頃からパチンコ店にほぼ毎日一人で通うようになった。

68歳の頃に、H.Mさんに内緒で息子のみが母親のことで精神科に始めて相談する。

それによると、ここ数年間パチンコのことで他人に迷惑をかけているという。
具体的には、婦人服の仕事の完了前に金を借りたり、
パチンコの資金が不足すると友人から金を借りる。
さらにエスカレートし、カードローンを利用し、年金を担保に社会保険や銀行から借金をしていた。

70歳の時に、本人が息子と一緒にギャンブル依存症の治療の為、精神科を受診する。
しかし、本人は受診の理由について「全然分らない」と答え、
精神科を受診させられたことに対して当惑している。

最近では消費者金融サラ金)から金を借り、
返済期限が迫ると別のサラ金から借りて間に合わせ
ているうちに多重債務者となり、借金の総額が約150万円に達しているとのことであった。

サラ金の借金150万円のうち80万円は息子が一括返済するが、
残り70万円の支払いは本人にも責任を持たせながら息子が割賦支払い
の返済計画を立てて支払った。
現在は返済はすべて完済している。

しかし、週に1万円の現金が息子から手渡されパチンコに出かける回数が
週1、2回と減少しているものの継続している。





nice!(0) 
共通テーマ:パチンコ

ギャンブル依存症 症状と症例3 28歳男性 [依存症 症例]

ギャンブル依存症の症例です。

症例.3 【28歳男性 I,Sさん】




I,Sさんは18歳で関西のデザインの専門学校へ進学した。
中高生時代から友人は少なく、1人で過ごすことが多かったが
専門学校へ進学してからは共通の目的を持つ人間が集まるため
友人が多くできた。

1人で行動することが多かった I,Sさんだがこれをきっかけに
集団での行動が増えるようになる。

また、友人との関係を非常に大切に考えるようになり、
面倒な頼まれごとなど決して断ることもなく持ち前の真面目さも影響して
友人依存とも言えるほど関係を重要視するようになる。

初めてパチンコを経験したのは友人に連れられてである。

その時の感想はうるさいだけで特に楽しくもなかった。

しかし、周りの友人が毎日の様にパチンコ屋に出入りすることから
I,Sさん自身も頻繁に出入りするようになった。

専門学校を卒業して専門学校近くの広告代理店に勤務するが
そこでは友人と呼べる人は出来ず、また1人で過ごすようになる。
就職してからの1年ほどパチンコ・スロットから離れていた。

忙しい毎日と疎遠になって行く友人との関係にストレスを
感じるようになり休日にふとパチンコ屋に入った。

そこで、専門学校時代の友人と偶然再開した。
その友人は就職した会社を半年で辞めて今はパチンコで
生計を立てているとのことであった。

I,Sさんは再開した喜びが大きく、パチンコ屋を友人との接点の持てる重要な場所と
考えるようになった。

再開した友人とパチンコ屋に行く回数が増え2年後 I,Sさん自身も
会社をやめることとなった。

その後友人とパチンコ・スロットを続けるが
ある日その友人から30万円をかして欲しいと頼まれる。

友人との関係に依存ともとれる思いがあるため、
快く30万円を貸した。

結果、その友人とはそれ以来連絡がつかず30万円は返済されていない。

怒りはあったものの借り逃げした友人のプライドを考えると
他の友人にも相談できず、
友人と会えるかもしれないとの思いからその後もパチンコ屋に通うが
会うことはなかった。

I,Sさんはこれがきっかけで異常なストレスからスロットにはまり込み
自らも金融会社から70万円の借金をした。

飲食店でアルバイトをして生活をつないでいたが
ギャンブル依存症となった I,Sさんは次第に家賃・光熱費等も
使い込むようになり、延滞した家賃のため保証人の親に連絡が入り借金が発覚した。

その後、親元である実家に引っ越すも親のサイフからお金を抜き取り
パチンコ屋に行っていた。

注意すると反省したように見えるのだが
同じことを繰り返すため、見かねた両親が心療内科へ連れて行こうするが
はじめは I,Sさんが拒否。

何度も説得してようやく受診することとなった。
ギャンブル依存症であることをなかなか本人が自覚しなかったが
根気良く付き添った両親の努力もあって徐々に回復していった。

現在はすっかり回復し地元の企業で就職。
パチンコ屋にも一切出入りしていない。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

ギャンブル依存症 症状と症例2 40歳男性 [依存症 症例]

ギャンブル依存症の 症例です。


 症例.2 【40歳男性 T.Rさん】


T.Rさんは成人するまで身体的・精神的になにも問題はありませんでした。
しかし20歳の頃、趣味でパチンコを始めたそうです。




25歳で印刷会社に就職し仕事も問題もありませんでしたが
20歳から始めたパチンコが25歳で就職とたんに変化します。

趣味であったパチンコが安定をした収入を得だしたとたんに
はまりはじめ借金をしてまでパチンコをするようになりました。
また、仕事のストレスもパチンコで発散していたようです。

40歳になる頃、同じ会社で営業へ異動となると、勤務時間中にもかかわらず
パチンコをし、借金を繰り返しするようになります。

その後、結婚をし妻子があるなかでこのような行動を起こす自分への罪悪感から
うつ状態となり、精神状態が蝕まれていきました。

この頃になりT.Rさんは自分の異変に気づきます。
自分は「ギャンブル依存症」なのではないか?

その時は42歳でした。
20歳で始めて22年間目の秋でした。

長男の運動会の前日とのことで
しっかりいまでも覚えているとのことです。

しかし、気づいてからは心療内科の勧めで自助グループにも積極的に参加をし、
うつ状態で休んでいた会社にも復帰したそうです。


そしてもちろんギャンブル依存症を脱却している。
自分で「依存症である」と認めるた時が回復のスタートだったそうです。





ギャンブル依存症 症状と症例1 45歳女性 [依存症 症例]

ギャンブル依存症の 症例です。
 症例.1 【45歳女性 HKさん】


結婚前の26歳頃から元夫に誘われ
パチンコに行くようになり、徐々にはまっていった。

最終的にHKさんが34~35頃には
借金が750万ほどになってしまい、
それが原因で37歳の時に離婚した。




その後750万の借金を家族が肩代わりしHKさんは
実娘を連れて実家に移り住むこととなる。
そして介護福祉士の資格を取得し就職することにも成功した。

仕事は大変真面目で評判も良かった。
しかし、パチンコはやめることができず、
一時辞めてもまた繰り返す生活であった。

当初は楽しくてパチンコをしていたが、
最終的には負けを取りもどすことや借金の返済の手段となっていった。

42歳の時のHKさんにお金を貸している友人から
家族に相談があり友人に30万 消費者金融に170万の
借金があることが発覚した。

そして初めて心療内科を受診することとなる。

当初HKさんはパチンコをしていたことは認めたものの
「ギャンブル依存症」については強く否定した。

しかしながら、家族の説得もあり、
ギャンブルをやめる決意をする。

治療意欲の確認がとれ治療開始直後に以前から入院していた、
HKさんの実母の体調が急変し病死。

初診から1週間前からパチンコをやめていたが、母親の病死という
不幸からの忙しさからしばらくパチンコから離れることができた。

3か月経過した頃に以前は「パチンコに行かなければ」という
強迫観念があったにも関わらず、娘と買い物したほうが楽しい
という考えに変わったという。

その後3年が経過した今も順調で「ギャンブルをやめることで
得た報酬をもっと手に入れたい」という思いが強く、
この感情が依存症脱却の動機付けとなっている。

本来、自助グループの参加を継続し回復していくのが一般的であるが、
強固な意志と母親の死が重なって回復した稀な症例である。





依存症 症例 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。