So-net無料ブログ作成
検索選択

ギャンブル依存症ブログ 体験談19 ~ショックと戸惑い~ [管理人体験記]

↓↓ギャンブル依存症ブログ 体験談1はこちら↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/2015-08-22


↓↓ギャンブル依存症 進行度チェックはこちら↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/2015-08-27


↓↓ギャンブル依存症 症状と症例↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305663358-1







就職して1週間、俺は教育担当Oさんの営業同行をしていた。

この1週間で気が付いたこと。

それは、この訪問販売という仕事は
正気の人間にはできないということ。

並大抵の精神力では、続けることはできない。

Oさんと同行中にも、
「帰れボケ!!」
「しつこいんじゃ!!!」
など、普段生活している中では
浴びせられることのない言葉を
インターホン越しで聞くことが多々あった。

比較的優しい人の中で育ってきた俺は
その辺の地域のおじさんおばさん
訪問販売員とわかると同時に語尾を荒げて対応してくることに
ショックと戸惑いを隠せずいた。

そんな俺にOさんは
「1ヵ月もしたら慣れるからww」
と戸惑っている俺を楽しむように
声をかけてくれた。

それから、営業トークは商品知識などを
約1ヵ月間、Oさんに指導してもらい
「この仕事、半年続いたらベテランだからwがんばって」
俺は、一人立ちすることとなった。

この訪問販売は
仕事はかなりきついが
契約成約数によっては給料がかなりいい。

月に40万以上稼ぐことも可能だ。

借金返済の催促の電話がかかってきだしていた俺は
すぐにでも一人立ちしたかったので
この日を首を長くし、待ちわびていた。

ギャンブル依存症は決して影をひそめることなく、
訪問販売の仕事を始めてからも休日は必ずパチンコ屋に出入りしていた。







ギャンブル依存症ブログ 体験談20に続く
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パチンコ

ギャンブル依存症 世界一のギャンブル大国日本!! [ギャンブル依存症について]

↓↓ギャンブル依存症ブログ 体験談1はこちら↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/2015-08-22


↓↓ギャンブル依存症 進行度チェックはこちら↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/2015-08-27


↓↓ギャンブル依存症 症状と症例↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305663358-1






パチンコ熱中のお年寄り急増 年金つぎ込み家族借金

 パチンコに熱中するお年寄りが急増している。
独り暮らしの寂しさをまぎらわせるためだったり、定年後の毎日の退屈しのぎだったり。
3年前の規制強化でギャンブル性の高いスロット機が禁止され、
客離れが深刻になっている業界も、高齢層からの集客に「生き残り」への期待を寄せる。
借金を重ねて大金を浪費する依存症も目立ち始めており、
新たな社会問題になろうとしている。

 10月15日、東京板橋区の私鉄駅に近いパチンコ店は白髪の目立つ高齢客で埋まっていた。

 「オススメ台」の札がかかる台の前を行き来していた女性(79)は近くで独り暮らしをしている。
階段がつらくて遠出ができなくなり、数年前から月数回、この店に通っている。
年金は月額約11万円。この日は下ろしたばかりの2万円を持って来た。
「お金はかかるけど、ほかにやることもないので。顔なじみに会って気が紛れるのもいい」

 偶数月の「15日」には、2カ月分の国民年金と厚生年金が全国一斉に支給される。
どの店舗でも、この日は年金を元手に遊ぶ高齢者で台の稼働率が2~3割上がるとされている。

 公益財団法人「日本生産性本部」(東京)が15歳以上の男女を対象に調査した結果によると、
60歳以上のパチンコ遊技人口(推計値)は過去10年間は200万~300万人で推移していたが
昨年は急増し、約430万人にのぼった。遊技人口全体の25%を占めている。


広がる「依存症」 弁護士らに相談相次ぐ

 パチンコ店通いのために借金を重ね、家族関係をも崩壊させる――。
お年寄りたちにもそんな「依存症」の広がりが心配されている。

 弁護士や司法書士でつくる「依存症問題対策全国会議」(事務局・熊本市)には最近、
高齢者の家族らからの相談が相次いでいる。

 70代の義父について相談してきた熊本県の男性は
「家族内で救おうとしたが、どうにもならなくなった」と打ち明けたという。
義父は退職後にパチンコ通いが激しくなり、
老後の蓄えを使い果たし年金にも手を出し始めた。
立ち直らせたくて援助するうち、自分もヤミ金融などに300万円の借金を抱えた。

 患者数の正確な統計はないが、専門家の間では、パチンコ依存症は
全国で100万人以上にのぼると試算されている。
全国会議代表幹事の吉田洋一さん(74)は
「高齢者の場合、パチンコが唯一の趣味になっていることが多く、
依存症であることを自覚できていないため問題が表面化しづらい」と話す。
(2010/11/8 朝日新聞より引用)


60歳以上の高齢者のパチンコ遊技者は
ほんとうに多いです。

私がパチンコを始めた20年近く前から比べても
年々増加していった印象です。

店に入っても見るからに高齢者が多い。
開店から閉店まで遊技しています。

定年して自由な時間ができたり、子育てから解放されたり
様々な理由でパチンコ店に出入りするようになったのだと思いますが、
60歳以上が430万人って、、、

平成26年度のパチンコ・スロット遊技人口は1,150万人と言われています。
40%近くが60歳以上ってことになるので、いかに高齢者が多いのか
がわかると思います。

年金吸い取られて、大丈夫なんでしょうか?
パチンコやスロットなんでシュレッダーにお札を入れているようなものですからね。。

ちなみに平成26年度のパチンコ店の売り上げは、、、、

24兆5,040億

これでも30兆を超えていた10年ほど前に比べたら下がっています。


さらに世界最大のカジノ地区であるマカオ。
その売り上げは約2兆5000億円。

日本のパチンコ業界の10分の1以下なんです。。。

現在日本はダントツで世界第1位のギャンブル大国です。
そして、ギャンブル依存症が国の大問題とされているオーストラリアの
2倍ものギャンブル依存症を抱えるギャンブル依存症大国、それが日本です。

なぜもっと問題にならないのか。。。
これでさらにカジノまで、、、、、

もっと問題視しましょうよ。

隣の韓国はとうの昔にパチンコ廃止してますよ。
国力下がるからって理由で。

韓国ができるなら、日本だってできるでしょ!!






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パチンコ

ギャンブル依存症ブログ 体験談18 ~就職初日~ [管理人体験記]

↓↓ギャンブル依存症ブログ 体験談1はこちら↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/2015-08-22


↓↓ギャンブル依存症 進行度チェックはこちら↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/2015-08-27


↓↓ギャンブル依存症 症状と症例↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305663358-1






大学を中退し
地元の通信関係の会社に就職した俺。

「おはようございますっ!!」

初出社日は会社の朝礼で元気に挨拶をし、
教育担当者とともにまずは社内を挨拶周りしていく。

教育担当はOさん30代半ばの少しふくよかな男性。
既婚者で子供が2人いる、やさしい風貌と物言いの方だった。

俺が配属された部署は`戸建営業課`
その名の通り、一戸建ての家を訪問営業していく。
ネット加入等の訪問営業だ。

挨拶する人、皆に
「大変な仕事だけどがんばって」と
激励される。

正直、面接でキツイ仕事とは聞かされていたし、
訪問販売は体力がいるだろうとは想像できていた。

それにも関わらず、
挨拶する人皆に「大変だけど、がんばって」と言われると

(どんだけ大変なんだ。。)
と少しばかり不安になってきた。

しかし、
久しぶりに就職の報告をするため電話で話した祖父から
「就職したからにはこの仕事を天職と思い、やりとげなさい」
と激励を受けた直後ってこともあり。

不安を払拭するように元気に挨拶周りを済ませた。

出社初日は挨拶周りと簡単な事務作業の説明で
あっという間に時間が過ぎた。

「お疲れさん、帰っていいよ」
教育担当のOさんが定時がくるとすぐに
声をかけてくれた。

「初日は緊張で疲れてるだろうから、ゆっくり休むんやで」

「はい。ありがとうございました。明日もよろしくお願いします。」

そんなやりとりの後、
初日の緊張で疲れがピークに達していた俺は
日課のスロットをする気力もなく、
まっすぐ家に帰った。

(まじで疲れた。。。。)

そう思いながら家に帰ると
コンビニ弁当をかき込み、急いでシャワーを浴びる。
そしてすぐにベットで横になった。

(明日からはOさんについて同行営業だ。)
翌日の営業研修のことを考えながら、、、、

(スロットは次の休みの日まで行けないだろうな。。。)
しっかりスロットのことも考えながら眠りについた。







~ギャンブル依存症ブログ 体験談19につづく~
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パチンコ

ギャンブル依存症ブログ 体験談17 ~中退そして就職~ [管理人体験記]

↓↓ギャンブル依存症ブログ 体験談1はこちら↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/2015-08-22


↓↓ギャンブル依存症 進行度チェックはこちら↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/2015-08-27


↓↓ギャンブル依存症 症状と症例↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305663358-1






大学を中退する。」

俺は、父親に電話でそう伝えた。

両親はせっかく県外の大学まで行かせたにも関わらず
あっさりと大学を辞めることを伝えた俺に呆れていた。

そして将来設計や今後の働き口など様々な質問を浴びせられた。

正直なところ

(パチプロになりたい!!)

と思ってはいたが、親の手前そんなことは口が裂けても言えないので
すぐにでも社会に出て仕事をしたいと伝え、2ヵ月以内に就職先を見つけると伝えた。

もちろん簡単に納得をしてもらえなかったが、
おそらく俺の大学卒業は難しいと判断したのだろう、

「今後、仕送りは一切しない。自分だけの力で生活しろ」

と怒りながらも俺の大学中退を認めてくれた。


俺はその後、すぐに仕事の求人誌を読みあさった。

俺でも雇ってもらえそうなところに片っ端から面接依頼の電話をした。

バイトならすぐに見つかるが、

「正社員でないと認めない」
と両親に言われていたこともあり。

なかなか、難航した。。。
と思ったが、人間やる気になればなんとかなるものである。

結果、大学をやめると決意した3週間後には就職が決まっていた。

何の資格もなく、取り柄もない俺を雇ってくれたのは
通信関係の会社だった。

業務内容は一戸建てへの訪問販売・・・
仕事内容がキツイのは容易に想像できたが、
仕事を選ぶ余裕などない。

とにかく早く仕事を見つけてスロットの軍資金や借金の返済分を稼ぎたかったので
この早いタイミングで就職先が見つかったことはとてもありがたかった。

今後の生活に明るい兆しが見えてきたので、

(俺もこれで社会人だ。バイトなんかより多く給料も入るし、借金なんかすぐに返せるだろ)

就職先が決まっただけで自分がセレブにでもなったような感覚だった。
そして、今までにない自由を手に入れたような感覚でもあった。







~ギャンブル依存症ブログ 体験談18につづく~
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パチンコ

ギャンブル依存症ブログ 体験談16 ~大学中退~ [管理人体験記]

↓↓ギャンブル依存症ブログ 体験談1はこちら↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/2015-08-22


↓↓ギャンブル依存症 進行度チェックはこちら↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/2015-08-27


↓↓ギャンブル依存症 症状と症例↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305663358-1






嘘と借金にまみれたギャンブル依存症人生が
本格始動を始める。

大学2年生の夏、俺は夏休みってこともあり
ほぼ毎日、最寄駅すぐ近くのマイホールへ足しげく通った。

10万ほど残した借金はみるみる膨れあがり、
夏が終わる頃には40万を超えていた。

しかしこの頃は膨れていく借金がどうこうではなく、ただスロットが楽しくて
スロットを何よりも優先していた。

スロットの為には、睡眠不足でも朝から並べるし
ご飯を抜いてでもひたすらレバーを叩けた。

完全な依存症である。

周りの友人も俺からは距離を置くようになったいった。

一人行動がどんどん増える。。。
それすらもお構いなしでスロット漬けの日々を送った。


9月が終わると大学の長い夏休みも明ける。

もちろん俺は、講義を受講することなく
スロットをしていた。

講義をさぼることに不安やストレスを感じるが、
朝起きて足が大学に向かうことはなかった。

そしていつしか、大学を辞めたいと考えるようになってきた。

将来の展望などない。

おれは快適にスロットを楽しめる環境に
自分の身を置きたいと考えるようになってきた。

人生プランもなにもあったもんじゃない。

泥沼人生を自らの意思で選択し進もうとしている。

(大学やめるには、、親を説得できる材料がいるな。。。)
(ただやめると言っても、反対されるだろう。就職先を探さないと・・・)





大学2年生の冬、俺は大学を辞める決意をした。









~ギャンブル依存症ブログ 体験談17につづく~
タグ:中退 睡眠
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パチンコ

ギャンブル依存症ブログ 体験談15 ~借金と嘘~ [管理人体験記]

↓↓ギャンブル依存症ブログ 体験談1はこちら↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/2015-08-22


↓↓ギャンブル依存症 進行度チェックはこちら↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/2015-08-27


↓↓ギャンブル依存症 症状と症例↓↓
http://pachiyame.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305663358-1






バイトでトラブルを起こして
その帰り道にパチンコ屋に寄った俺。

久しぶりのスロットの面白さによって
辞めると決意した意志はもろくも崩れてしまっていた。

ほんの30分ほどだったが、
再び依存症を発症させるには
十分な刺激であった。

もちろん、親を裏切ることへの申し訳ない気持ちや
大学を無事に卒業することなどの
想いもあったが、自分に甘い俺は

(前回の借金はギャンブルというものがまだわかっていなかったからできたもの)
(今度は同じ失敗をしないように、自分の生活内で適度に楽しもう。)
(俺は大丈夫。馬鹿じゃないから繰り返さない。)

スロットをしたいが為に、
なぜか自分を過大評価し、自らに言い聞かせていた。

スロットで借金を作った男が
借金を完済できていないにも関わらず、

(スロットを楽しみながら借金も返す!そして大学も真面目に通う)
と新たな目標を掲げた。



バカである。


クズである。



借金を親に肩代わりしてもらったことと、2ヵ月ほどではあるが
バイトを掛け持ちして働いたこともあり、
70万の借金を一時は10万ちょっとまで減らしていた。


普通はまず完済するだろ・・・
その後、肩代わりしてもらった50万を親に返すだろ・・

スロットにはまり受験失敗・大学生活の破たん・借金問題。
ほんの2年ほどの間にこれだけの失敗をしておきながら・・・


俺はスロット生活の再スタートを切ることで
すでに普通の人の感覚を捨てていた。

借金と嘘を繰り返す人生が本格始動をはじめた。






~ギャンブル依存症ブログ 体験談16につづく~
nice!(0) 
共通テーマ:パチンコ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。